【書評】2023年の読書

book review趣味 と クルマ

読んだだけではもったいないので書評として残しておきます。
今回で2年目になります。

本を選ぶ時、何を選ぶかは直感を大事にしていますが、ひろゆき氏の無敵の独学術以降は基準が設けられました。

ただ選書の最初から心掛けていることは、いま(今日)自分にとって必要なものか。将来は役にたつかも・・というものに惑わされないように気をつけています。

  1. 今後10年以上も影響を与える技術や文化に関する話について書かれている
  2. 結論に至る経緯と理由に筋が通っている
  3. 資料から組み立てられていて、個人の意見を書いているわけではない
  4. 一般的な”常識”とは違う結論や発見がある
無敵の独学術 P.176より

暗号資産 vs 国家 ビットコインは終わらない

坂井 豊貴氏の著書
2019年2月初版

暗号資産の出時から法定通貨とのこれからの関わり方について書かれています。
新書の割にさらっと読めるような感じではなく読み応えがありました。

これを読むとビットコインは廃れないことがわかります。
唯一の懸念は中国のように取引所の閉鎖などでアクセスしにくい状況が発生することくらいでしょうか。

世界一わかりやすい為替の本

上野 泰也氏の著書
2018年4月初版

世界一わかりやすいとありますがボクとしてはとっつきにくかったです。
為替知識の初心者はマンガから入った方が良さそうです・・。

内容としては知っておいて損はない情報が盛りだくさんです。
特に各国の金利の推移と交換レートの目安は学ばなければ自分にとって良い通貨が分かりません。

今後、日本円が安泰かは大多数の人はわかりません。
その備えとしても日本円以外の通貨を視野に入れておくことは大事かと思います。
もちろん暗号資産もですが。

世界一わかりやすい金利の本

上野 泰也氏の著書
2018年4月初版

先の為替の本と同時出版された本です。
こちらも世界一わかりやすいとありますがとっつきにくかったです。

金利の動き方、金利の動向の目安となる各国の情報(日銀短観など)の見方などが書かれています。
また各国金利の推移やおおよその目安が載っているので個人では投資の目安としても理解が深まると思います。

為替の本と2冊を読むなら為替→金利の本と読んだ方がスッと入ってきます。

2冊とも中古本相場で高値で推移しているので人気のある本のようです。

世の中の真実

正式名:叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」
ひろゆき氏の著書
2020年12月初版

はじめてひろゆき氏の本を読む方は良いですが、ひろゆき氏の本を読んだことがある方はまとめのような印象を受けると思います。

また、この本はひろゆき氏が書いたのではなく、ひろゆき氏が話した内容をまとめた本になるかなと思います。
ちょっと口調が違うというかこんな言い回しはしないだろうなと思います。

内容としては読んでおいて損はありません。
知っていない情報がひとつやふたつはあると思います。

図説世界を変えた50のビジネス(シリーズ知の図書館8)

ジョン・リプチンスキ氏の著書
2014年11月初版

ロスチャイルド家やロックフェラー家など財閥の情報が知りたくて読みましたが革新的な経営戦略や経営理論などのパイオニアについての偉人についても学べました。

歴史を学ぶにはざっくりした内容過ぎるので、興味を持った人物はWebなどでさらに調べると、国や世界、人物との関係性が見えてくると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました